読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mのブログ(仮)

生まれる時代をちょっと間違えたかもしれないアイドルオタクの人生

ハコムスを見に行った話と、ハコムスを見に行った話

こんばんは。Mです。
忘れないうちに参加したイベントのことを記録しておこうと思います。

先日、初めてハコムスを見に行った記事を読んでくださった方ありがとうました。
8/3に初めてハコムスを見て10日ほどが経過しましたが、その後すでに2回イベントに足を運んだことを報告します。
自分でも驚く熱量だわ。


■8/6 Tokyo Idol Festival 2016(二日目)

いつも言っているように、わたしは常に過去を生きているので
そもそもTIFというイベントが毎年行われていたことを今年初めて知りました。
職場の人との会話の中で、軽い気持ちで「社会科見学のつもりで行ってみるか」って程度のノリで参加を決める。
しかし直前になって一緒に行く予定だった人が行けなくなったので一人で行くことに。

所謂『フェス』は初めてなわたし。右も左もわからない。
まずタイムテーブルとにらめっこ。
ゆるゆる楽しむつもりが、どうせ行くなら欅坂を見てみたいとか不純なことを思いつき、人生初の始発で整理券を取りにいきました。

欅坂が好きというわけではないんですが、「サイレントマジョリティー」がめちゃくちゃ好きなんです。
Mが選ぶ2016年上半期アイドルソングで堂々の1位に輝くほど好きなので、一度でいいから聴いてみたかった。

3時半くらいに起きて、準備をして出発。
「まだ眠いね 誰だっけ 始発に乗るって言い出したの~♪」の気分でしが、
到着して待機列に並んでる時点で帰りたくなった。
もう二度とこんなことはしたくないなと思った。
暑さよりも、睡眠が足りてない感じがやばかった。ちゃんと寝ましょう。


整理券を取ったあとは、その辺ウロウロしたり、9時に開店のスタバで食事をしたりしてステージが始まる時間を待つ。
既にポケモンGOも飽きているわたし。一人なので結構退屈だった。

f:id:m_90a:20160814232729j:plain
小学生の頃からデジモン大好きで今でも映画見に行ってる人種なので
お台場に来ると無性にテンションが上がるね。
ここはヴァンデモンとの戦いの舞台になります。フジテレビ、ぶっ壊れます。

□DREAM STAGE ハコムス
有料エリアの前の方で観覧。
マジパン→カグヤ→じぇるの、からのハコムス。
マジパンは「ビリビリ マジカルパンチライン~♪」って曲だけ知っていたんだけどなかなか楽しそうだったし、佐藤麗奈がとても可愛かった。

人の入れ替わりで前から2列目くらいにいました。
ハコムスは白い衣装で登場。

・レモネード・キッス
・アンバランスなサマー
・海へ行こう

『夏へ急かされて』(かな?)の真っ白な衣装で彼女達が出てきたとき、なんかあまりの可愛さに泣きたくなったわ……。
決して手の込んだ派手な衣装じゃないけれど、清純っぽさが最高だった……。
わたしの好きな『アイドル』はこれだよ……。
同時に彼女達は『女優志望』アイドルなのだと思い出す。
アイドルを女優への踏み台にされているのが悔しい反面、『今』見ておかないといけないグループなんだと実感する。

MCで「おニャン子クラブさんも乙女塾さんもチェキッ娘さんもフジテレビの番組から生まれたユニットなので、フジテレビの前で歌えて嬉しい」みたいなことを言っていたような気がする。

乙女塾を基軸に考えてるから、チェキッ娘は最新感あってさっぱりわからないんだけど、
ゆーちゅーぶでハコムスの動画を見ているとなかなか歌も良さそうな感じ。
でもこれ以上アイドルの守備範囲広げるのこわいので、手を出したくないというのが本音。
『海へ行こう』は野外のステージで聴くには持ってこいの曲だ。
サビの振りも簡単で真似しやすいのもいい。
オリジナル曲はCDがないと予習も復習も出来ないので、CD化が待ち遠しいところです。

□SMILE GARDEN 欅坂
サイレント・マジョリティー』が好きすぎて、イントロが流れた瞬間「わたしは!!このために!!始発できた!!!」思った。
この曲が聴けてよかった。
でもファンの民度が低すぎてめちゃくちゃ萎えたのでこれ以上は語らないことにする。察していただきたい。
なんかムキムキのいかつい警備員みたいな人たちがいっぱいいた。

□グリーティングエリア
ハコムス特典会へ。
チェキ撮影が終わるまで待ってるとき、死ぬほど暑すぎてもう無理だと思った。
こんなキチガイな暑さの中、頑張ってくれているアイドルたちは尊敬に値するよ……。
いつもオタクのためにありがとうありがとう……。
前回はレーンごとで特典券1枚で3人と握手だったけれど、今回は1枚で全員が握手出来る。
前回以上にコミュ力が試される。
「CoCo公演の時にも来てくれてましたよね」って言ってくれた子がいて、よく覚えているなーと感心する。
この日はシャツにショートパンツにサンダル、頭にひまわり、首からタオルだったんだけど、
かれんちゃんに「服装がすごいフェスっぽい」と言われた。確かに。
こんな汗だくの手なのに、丁寧に握手してくれたアイドルたちには感謝しかない。

流石に暑すぎて死にそうだったのでダイバーシティをウロウロして涼んだあと、ちらっとDOLL FACTORYのアップアップを覗いてました。
ここめちゃくちゃ涼しかった。

□SMILE GARDEN 「DOL SUMMER JAMBOREE NEW GENERATION」
ハコムスからは美桜ちゃん・桃実ちゃんが出演とのことで見に行く。
その前にやってた放課後プリンセスがなんだかすごく可愛かった。

「このコーナーはなにするんだ?」思っていたけど、互いの持ち曲をコラボして披露とのこと。

メンバーは
・Ange☆Reve
・大阪☆春夏秋冬
・THE HOOPERS
・Party RocketsGT
・ハコイリ♡ムスメ

パティロケのショートカットの子(ハルカちゃん?)がすごく可愛かった。
THE HOOPERSは男装アイドル的なやつだろうか?すごいきれいな人がいて、女の子からの声援が飛んでいた。

全然知らないグループの良さを知れるのがこういうイベントはとてもいい。
かわいい子もいれば、かっこういいグループもあるし、普段とはまた違う一面も見れたりするんだろう。
ハコムスの曲からはおニャン子の『夏休みは終わらない』を最後に全員で歌っていました。

その後またふらふらして、井上姫月ちゃんの出ていたHOT STAGEを最後の方チラッと見に行けば、辻と矢口がいて『LOVEマシン』歌っててテンション上がった。

□SHIP STAGE 東京パフォーマンスドール
船の博物館?科学館?の近くのステージへ移動。移動量半端ない。
一度見てみたいなーと思っていた新生TPDをこの機会に見てみようと。

だいたいどのアイドルも1曲披露→挨拶・自己紹介・MC→残りの曲披露というテンプレでステージを構成してるんだけど
TPDはとにかく歌って歌って踊って踊ってってステージを作っていた。
こういうのダンサミってやつ?曲が終われば間髪入れず次の曲へ。
時間もステージもめいいっぱいに使って歌い踊るのがめちゃくちゃ格好良かった。
すごいこの日TPDのステージは印象に残った。


□SMILE GARDEN 志田新井→ハコムス
また戻ってきましたスマイルガーデン。
普段引きこもりのわりにこの日は相当がんばるわたし。

以前志田サマー新井サマーのCDをいただいて『灼熱サマー』にドはまりしたので、志田サマー新井サマーのステージもバッチリ見る。
やっぱり『灼熱サマー』はすごくいいね。聴いていて楽しい。
志田友美新井ひとみも手首が細すぎて不安になる。女のわたしの力でも余裕で折れそう。もっと食いな。

そしてこの日二度目のハコムス。

・夏に急かされて
・Let's Party Time
・なかよし
さんみゅ~とコラボ
夏色のナンシー

衣装はなんて言ったらいいの、ホルターネック?のあれ。
この衣装すごい華奢に見えるよね。かれんちゃんの髪型が可愛い。
『夏に急かされて』はすごく好きな歌なのでテンションあがります。
イントロの手首をまわす振りがいい。
『Let's Party Time』は初めて聞くけれど、サビの手拍子のところがいい。
『なかよし』もすごい好きな歌で、多分ハコムスを現すにはぴったりな歌なんじゃないかと初心者ながらに思っている。

うろ覚えだけれど美桜ちゃんが
「もっと激しいパフォーマンスをするアイドルや、盛り上がるステージを作るアイドルはたくさんいて、私達はそうじゃないけど~」
みたいなニュアンスのことを言っていたけれど
それがハコムスの良さだと思うのでこのままであってほしい。

さんみゅ~とのコラボは早見優夏色のナンシー』。
こんなところでこの歌を聴くとは。
最後のポーズが全員でハートを作っているやつで可愛かった。

その後ほんとは欅坂の整理券取っていたんだけれど
完全に午前のステージで萎えてしまって、わたしには現場の雰囲気が合わないと思ったので整理券は譲って戦地を離脱。
なんのために始発に乗ったんだと虚しくなったわ。
帰りに新橋のタワレコで「レモネード・キッス」と「さよならのプリエール」を購入して帰路へ着く。


まとめ。
まず移動量が半端なかった!めちゃくちゃ歩いた!
レンタルサイクル借りてる人、本当に賢い。
三年分くらいの汗をかいた気がする。
典型的なダンス覚えられない人間なのでわたしには振りコピは難しすぎる。
振りコピに必死になりすぎてステージちゃんと見れなくなったら元も子もない。
他のステージを見ていると最近のコールとかは難しいなぁと思った。バリエーションも多い。
あとこれは本当に見たいステージを全部見るなら単独行動が最適だね。

すごい楽しかったけど、もう始発は絶対いやだと心に誓った。



■8/13 ミュージックパークmini
ニッポン放送のイマジンイベントで開催のイベントにハコムスも出るとのことなので参加してきました。

その前に横浜のタワレコで取り置きしていた「微笑みと春のワンピース」「夏に急かされて」を購入。
もう在庫がここにしかなかったの。
わざわざ横浜まで足を伸ばしたので、レコード屋に2軒寄って、その後なんか納得いかなくて結局神保町へ。
チェキッ娘の『海へ行こう』や、Qlairの『眩しくて』(これで7枚目。握手券入ってたから)、他にもCDやレコードを買って日比谷へ。

女性は前売りが無料というなんとも有り難いイベント(しかし女性は少なかった)
ハコムスは鉄戸美桜ちゃん・菅沼もにかちゃんが欠席で6名。
スタジオは前3列分くらい椅子があって、後ろは立ち見でした。
わたしは立ち見で観覧。

・アンブレラエンジェル
・最初の気持ち
・レモネード・キッス
・告白
・Let's Party Time

衣装はセーラーのやつです。
握手会で万葉ちゃんが「動きやすい」と言っていた。
星里奈ちゃんがマリンな感じのハットを被っていて可愛かった。
桃実ちゃんの三つ編みもよかった。

美希ちゃん・桃実ちゃん以外が傘を持って登場。
この時点で「アンブレラ・エンジェルってやつかな」思ったんだけどわたしは聴いたことがなかった。
けど今調べたら、この曲の入ったレコード持っていたわ。『夢カタログ』に収録なのね。
おニャン子はその子ちゃん以外はそんなに詳しくないので勉強します。
『レモネード・キッス』は先日CDを買って頭がおかしくなるほどリピートしていました。
Cメロの星里奈ちゃんがすごくよかった。
ハコムスはこうして新メンバーにもちゃんと見せ場があるところがいい。
今日は夏曲ばかりということで、盛り上がる曲が多く楽しかったですが、
まだまだ勉強不足なので、ちゃんとカバーの原曲でも聴いてハコムスの歌を把握したい。
『Let's Party Time』の説明で「明日会社に行くのいやだなぁ〜と思ってる人、……多分みんなそうだと思うんですけど(笑)そんな人に〜」みたいに桃実ちゃんが言っていた(笑)
ここの人達はどれだけ病んでいると思われているんだ(笑)
オリジナルはやっぱり頻繁に聴いていないと曲や振りが覚えられないから、秋に出るっていうCDが楽しみなところです。

この日も特典会で握手をしてきました。
もうわたしは握手が下手すぎてだめね。もっとちゃんと喋れるようになりたい。
美希ちゃんはすごい笑顔でフレンドリーに接してくれるという印象。
そしてやっぱりかれんちゃんはいい匂いがする。
どの子も本当に対応が丁寧でありがとうありがとうって感じです。

f:id:m_90a:20160814232810j:plain
そんなこんなで2回目と3回目のハコムスでした。ちゃっかりCDも買っちゃったし、沢山聴こう。
すでに『レモネード・キッス』からの『避暑地の森の天使たち』はキチガイなくらいリピートしたけどね。
この2曲を同じCDにって考えた人天才だわ。避暑地でバケーションソング最高。
次は多分来月のribbonQlair公演に行けたらいいなーと思うんだけど
それとはまた別に月1定期公演というものもあるんだね……。土曜日か……うん。