読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mのブログ(仮)

生まれる時代をちょっと間違えたかもしれないアイドルオタクの人生

またハコムスを見に行った話



こんばんは。Mです。
もう8月が終わるなんて信じられないわ。

この間『ハコイリ♡ムスメの定期便8月号〜この眩しさは、きっと君のせい〜』を見に行きました。
「また行ったの!?」って感じだけど、まあ人生いろいろあるよね。

秋葉原に行く前に、この間誕生日だったからちょっと贅沢に銀座で食事をして
神保町でいつも通りアイドルショップやレコード屋を見ていた。
今探しているのは麻田華子白田あゆみ、友田ますみ、かな。
友田ますみとか全然知らないんだけど、この間話を聞いて少し興味を持った。

結局遠野舞子のシングル『オ・ン・ナとして』と『キスより美しく』を購入。
『オ・ン・ナとして』はこの歌を22歳のときに聴きたかったなーと思ったし
『キスより美しく』はすごい90年代臭のする音でとても好みでした。
遠野舞子はいい加減どこかでアルバムを買いたいな。
わたしは『ダイヤモンドの輝き』のカップリング『友達のままで』が好きです。


その後、二回目のAKIBAカルチャーズ劇場へ。
ギリギリまで参加するかわからなかったからこの日も当日券で入場。
前回と同じ一番後ろの席で見させていただきました。
ロビーにはこの前誕生日だった菅沼もにかちゃんへのお花が飾ってあった。
16歳か…………。
わたしは16の頃、自分が大人になるなんて思ってなかったよ……。


8月の頭に初めてハコムスを見てこれで四度目。
我ながら結構なハマり具合ね。
前回ここで見た公演は『Respect for CoCo』だったので
リスペクト公演じゃない定期公演は初めてでした。

『アンバランスなサマー』からスタート。
この日星里奈ちゃんは足を痛めていて椅子に座ってのパフォーマンス。
この歌は、女の子が年上の男を弄んでたけれどいつの間にか自分が好きになっちゃったという歌だと神岡美希ちゃんから説明が。
彼女曰く「(女の子側は)万葉とか姫月くらいの年齢」とのこと。
そんな幼いの(笑)

続いて初めてのことにチャレンジしてみようということでミュージカルメドレー。
ひと夏の恋をテーマに、曲の合間に台詞を挟んでメドレーを作るという試みのようです。
レモンドロップ→告白→最初のキモチ→海へ行こう
このあたりまでは明るいっていうか楽しい感じの恋の歌。
台詞をあまり覚えていないんだけど
美希ちゃんの「キスしても、いいんだよ?」みたいなのが可愛かった。

この4曲がこの夏のイベントで何度か歌っていた楽曲だったから
夏の締めくくり的な感じでそういうセトリを作ってるのかなーと思ったんだけど
メドレーのラストは『泣かないでエンジェル』
そうわたしの愛してやまないQlairの楽曲。
イントロの一音目が響いた瞬間「え゛っ」って震えたわ。
これわたしのめっちゃ好きな歌。
まあひと夏の恋の歌じゃない気がするけど……(笑)

わたし今回、初・ハコムスのQlairでした。
CoCo公演で、カバーもありだなって思ったんだけど、
やっぱりQlairが好きすぎるがゆえに「生でQlair聴いたら冷めちゃうかもしれないなー」って思いはわりとあった。
正直言うよ。よかった。よかったよ。

すごい言い方悪いけど、You Tubeとか見た印象ではハコムスってもっと下手だと思っていた。
もちろん成長したっていうのはあると思うんだけど。
決してめちゃくちゃ歌唱力が高いとかいうわけではないけれどさ。
それでもちゃんと聴いていられた。
むしろよかった。
ちゃんとQlairの世界観を守って、ハモリ方とかも意識してくれている。
それが感じ取れました。
そりゃオリジナル以上にはなれないけれど、それでもちゃんと『泣かないでエンジェル』だった。
まあ台詞に関してはノーコメントで(笑)
パジャマでドライブの寸劇はまだ受け入れられてないからね(笑)
今度はぜひフルで聴きたいな!Qlair公演で聴けるかな?

なんかこう、2016年という未来でQlairの歌が歌われるんだと思うと、
ずっとカバー反対派だったけどすごい感動した……。
なみだ出そうだった。わたしの手のひらの返し具合すごくて自分でもドン引きする。
これで来月のribbon&Qlairのリスペクト公演は安心して、素直に「楽しみだな」って気持ちでいける。
ありがとうありがとう。


メドレー後のトークでは、実希ちゃんが「わたしだけ台詞が過激!」とか
美桜ちゃんはいつも悲しい女担当とかそんな話が。
悲恋役は美桜ちゃんと小松もかちゃんだったらしいけれど
小松さんが卒業して星里奈ちゃんが引き継いだとのこと。
すごく勝手に里奈ちゃんはパフォーマンスが丁寧で繊細なイメージなので
そういう雰囲気には合うなーと思います。中学二年生なのに落ちついている。
でももっとトークのときとか前へ前へきてもいいかも?

その後は夏休みの思い出を語る「ムスメたちの夏休み」のコーナー。
この夏楽しかったことを絵日記にして紹介するコーナー。
桃実ちゃんはBuono!の武道館のコンサートに言ったことを話していて
三人からレスをもらったそうです。
レスをもらうって具体的にどうすることなの?手振られたとか目が合ったとかそういうこと?
だから、みんな(ファン)の気持ちがよくわかった、わたしももっとレスしよう、とのこと。

 

f:id:m_90a:20160830004749j:plain
その後、『レモネード・キッス』(撮影可能曲)→『ストローハットの夏想い』→『夏に急かされて』
ストローハット〜は知らない歌だったけれど、あとから斉藤由貴だと知りました。
斉藤由貴は一応ベストだけ持ってるけど、ちゃんと聴いてないな……。
メンバーが脇にはけて、一人ずつ歌いながらステージに出てくるという演出。
こういうときの表情の作り方とかが、ハコムスの女優志望アイドルってとこが生かされるなーと。
ちゃんと曲も復習しておこう。

次は初披露のカバー曲『NON STOP DANCER』
今までのハコムスにない感じのキビキビ動くダンスとのこと。
知らない歌だけど「小室の音がする……」思ってたら
小室哲哉作の荻野目洋子の楽曲らしい。
荻野目洋子って『ダンシング・ヒーロー』しか知らないけど
ハコムスのイメージと荻野目洋子が全く結びつかないぞ。

最後に今後のイベントや公演のお知らせ。
それから11月に発売するCDの情報も!
リリースイベントもあるらしい。

最後は「Let's Party Time」
この歌はよく歌ってるイメージだけど、ハコムスのテーマ曲みたいになるのかな?
サビの終盤の拍手するとこが好き(前も言ったかも)


夏のアイドルソング大好き人間なので今回のセトリは
夏の総集編みたいになっていてとても楽しかったです。
まだまだ知らない歌も多いので、これをきっかけに原曲を聴いてみようと思います!
「海へ行こう」をこの前買ったから次は「なかよし」がほしいな!


特典会は握手2レーン参加してきました。
もうわたし握手会下手すぎて毎回撃沈して帰っている。
ちゃんと事前に話すこと考えているのに、一人目でパニクって、パニクったまま二人目行って、パニック倍増で三人目……っていう悪循環。

美桜ちゃんに「あっ、Qlairお好きなんですよね?」って言われたんだけど
なぜ知っている。
そんな話を前にしたのかな?わたしもCoCoが好きって話はした記憶があるんだけど。
っていうか会話覚えているの?すごい……。
でも向こうからそう話を振ってくれたおかげで「泣かないでエンジェルがよかった」と伝えることが出来ました。



この8月、「えいっ!」ってハコムスに飛び込んでみて、気が付けばひと月でイベントに4回行きました。
4回なんてアイドルオタクとしてはたいした回数ではないと思うんですけど
今まで月ゼロだったわたしとしてはなかなかの回数です。
相変わらずわたしは90年代初頭くらいが熱いんだけど
ひっっさしぶりに、現代に蘇ってみてとても充実しているわ。

対バン(?)みたいないろんな人が出るイベントも初めてだったし、フェスも初めてだったし、
劇場的なのにもはじめて行ったし……。すごい新鮮だった。
今後は定期公演を中心に、たまに参加出来たらいいなーと思っています。
自分のこの熱がどれだけ続くかわからないから、熱いうちに動いておこう。

次はRespect for ribbon&Qlairに行くよ。


楽しい夏だった。ありがとうハコムス。