読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mのブログ(仮)

生まれる時代をちょっと間違えたかもしれないアイドルオタクの人生

『Respect for ribbon&Qlair』に行ってきたよ

ハコムス

こんばんは。Mです。

最近はずっとQlair、たまに白田あゆみを聴いている日々だよ。
まあQlairとかは年中聴いているんだけど、通勤時とか外出時は最近特に聴いている。
Qlairで好きな歌は『パジャマでドライブ』『お引っ越し』『泣かないでエンジェル』です。


9月14日、ハコイリ♡ムスメの定期公演『Respect for ribbon&Qlair』に行ってきました。
ほんと気持ち悪いくらいにQlairQlair言っている感想です。


最初、ハコムスがこういうリスペクト公演をすると知った時は
「そもそも軽率にカバーとかしている時点でリスペクトしてないし!!」
って発狂していたんですが、人間変われば変わるものね。
一ヶ月ちょいで五回目のハコムスです。

今回は初めて前売り券を買ってみました。
70番台だったので四、五列目くらいの中央あたりに席を確保。
この劇場は三度目で、過去二回は一番後ろからこそこそと見ていたんだけれど、
少し前に来ただけでステージがものすごく近く感じます。
会場前はQlairが鳴っていました。
自分の家やiPod以外でQlairが流れている空間ってすごい嬉しいんだけど鳴れなくてソワソワしてしまうよ。
すごいよね。ここは2016年なのに。
そう思うとこうやって歌い継いでくれる存在は有り難いんだなーと思うよね。
自分がそんな大人な思考を持てるようになったことにものすごく驚いているけどさ。

この日は初めてチェキを撮ろうと意気込んでいたので物販では写真とフォトブックを購入。
フォトブックのデザインすごい可愛いよね……!
この衣装をモチーフにした表紙がとてもいい!
チェキブックも可愛いけど、そんなファイリングするほどチェキを撮るほどの財力がわたしにはないわ。

何日も前から、何を歌うのかなーってずっと考えていたんだけど、
ハコムスがカバーしているribbon

・あのコによろしく
・ゆっくりと好き
・Be My Diamond!

と意外にも三曲しかないことに対しQlair

・SPRING LOVER大作戦
・SUMER LOVER大作戦
・泣かないでエンジェル
・スノーブーツのwish
・パジャマでドライブ
・お引っ越し

と7曲。

ribbon3曲歌うと考えるならQlairは3、4曲かなーと。
季節感を考えるなら、春ラバはないし夏ラバってほど真夏でもないし
スノーブーツ冬だし、うたたねもNoelのせいか冬感あるし……。
となると消去法で残るは、泣かないで・パジャマ・お引っ越しかなーと。
わたしの好きな三曲じゃないか。

開演直前、ステージ中央にはソファーが。
この時点で一曲目すごいネタバレだね(笑)

『うたたねのソファー』で公演は開始。
衣装はタータンチェックのやつ。この衣装も可愛いなぁ。
ハコムスの衣装ってどれも派手じゃないんだけどすごい可愛いよね。
この日は万葉ちゃんが髪を下ろしているせいかいつもより大人っぽく見えた。

最初の挨拶で美桜ちゃん「本日はRespect for ribbon & CoCoに~」と思いっきり間違える(笑)
桃実ちゃんが「わたしたちハコイリムスメは~」って説明するとき、
「癒しと安らぎそしてときめき」の「ときめき」でかれんちゃんが腕くいくいってやるのがすごく好きです。
かれんちゃんはわりといつもやっているよね?

続いて『あのコによろしく』を披露。
曲紹介でたしか実希ちゃんが「わたしたちは○○な曲って呼んでる」みたいに
明るく悲しい?悲し楽しい?みたいなことを言っていたんだけどなんて表現していたのか忘れてしまった。
ribbonQlairも三人組だから、どの歌も三人で歌う曲みたいなイメージがあるんですけれど、
あのコによろしくは特に8人で歌って踊っていてもわちゃわちゃした感じもいいなーと思いました。

 

f:id:m_90a:20160918230842j:plain
『スノーブーツのwish』
冬をかなり先取りした気分になります。
こちらは撮影可能曲でした。
今まではアイフォンだったけど、今回は初めてカメラを持っていきました。
まあ結果撃沈したんですけど。わたしにはこういう撮影は難しすぎたわ……!
ツイッターとか見てるとファンの方がよく写真をあげているけど皆さんすごいな……。

f:id:m_90a:20160918230859j:plain
この星里奈ちゃんはすごく可愛く撮れたよ!

あと間奏ではメンバー4人が客席に降りてお菓子を配る。
かれんちゃんにクッキーをいただいたよ!


そして恒例の桃実ちゃんの先輩アイドル紹介コーナー。
あんまり年齢に感心がないせいか、永作がデビュー時19歳だったことを初めて知ったわ。
ribbonがアイドルだけどコントとかもやっていたことに関して「ギャップ萌え」とのこと(笑)

Qlairの紹介では、意外にもオリコン順位が低いことも説明。
最高で47位。秋の貝殻。
公演後にQlairに詳しい人たちと喋ってたんだけど順位的には秋の貝殻だけど、
枚数的には春ラバが一番多かったのかな、と。

桃実ちゃんはQlair活動休止時に社長がファンクラブメンバーに送った文面を引用。
よくこんなのまで(笑)
わたしですらこの文書最近初めて知ったやつだよ。
「自分達はいいものを作ってきたつもりだったが、必ずしもそれが売れるとは限らなかった〜」みたいなあれね。
ちなみにわたしはこれを初めて見せてもらったとき、すごい泣きそうになったわ……。

実希ちゃんが「QlairさんのCDジャケット見たことある?すごいかっこいいんだよ!」みたいなことを言っていた。
他メンバーは「見たことない」「見たい」とのこと。わたしが全部送ってあげるよ!!(笑)

先日発売された「アイドル冬の時代」という本でハコムスからは
美桜ちゃん、桃実ちゃん、万葉ちゃんがインタビューを受けているんだけど
桃実ちゃんが「Qlairさんの曲はかっこういい」と表現しているのが興味深いです。
わたしはQlairの歌をあまり「かっこういい」と思ったことがないんだけど、
どうしてその表現に辿り着いたのかをもっとじっくり聞いてみたいところだ。

続いて三曲はちょっと悲しい歌・失恋の歌と紹介。
失恋の歌が似合う女・美桜ちゃんの出番。
最初2曲はユニット曲だけれど、かれんちゃんが「鉄戸美桜は三曲でます(笑)」と。

美桜ちゃん・桃実ちゃん・かれんちゃんで『お引っ越し』。
わたしが所謂アンチだった頃、お引っ越しの動画見たんだけど
出番じゃないのに後ろですごい踊ってる桃実ちゃんがすごい気になっていたよ。
前は小松もかちゃんだったのかな?今回から桃実ちゃんがメンバーに。
アルバム曲やカップリンク曲はカラオケバージョンが存在してないから
どうしても音がちゃっちく感じちゃうのが残念なところ。
振りは本家よりも激しいイメージ。
「バッハッハーイ」は手を上に上げる振りだったかな?
かれんちゃんのポニーテールが靡くのがとてもきれい。
桃実ちゃんの表情の作り方がとても素敵だなーと毎回思います。

もしハコムスファンの方で、『Qlairとか全然知らないけどお引っ越し気に入ったぜ』って人がいらっしゃったら是非とも本家を聞いてほしいなー。
本当は、最後の「バッハッハーイ」のあとにバックコーラスが入るんだけど、
そのバックコーラスの歌詞こそがこの歌の本音で本質なんですよーーーー。
明るい曲、前向きな歌詞、それが精一杯の強がりだっていうのがさらに強調されるから。
Qlairの歌は『Qlair Archives』に全曲収録されているのでおすすめだよ!

続いて『パジャマでドライブ』
美桜ちゃん・もにかちゃん・星里奈ちゃん。

個人的に、星里奈ちゃんはメンバーの中で一番Qlairの歌が似合うと思いました。
儚いというか、繊細?どこか切ない雰囲気を醸し出す美少女。あとパフォーマンスが丁寧。
多分これ歌うの彼女は初めてなのかな?パジャマでドライブすごくよかった。

度々話が脱線して申し訳ないんだけど、この歌の
「ハンカチ お医者様 眠り薬」
っていう歌詞がQlairの歌の中でわたしは一番印象的だよ。
この歌の女の子は自分で運転できる年齢。思春期特有の危うさとかじゃないんだよ。
わりと深刻だよねぇ。

そして全員で『泣かないでエンジェル』
この曲はなんていうか、すごい頑張っている感じがします。
Qlairの歌は他アイドルに比べてコーラス。
ちゃんと本家を意識してくれている感はすごくある。
ほんとみんな頑張ってるなーって思うのよ。うん。

冒頭に書いたように、わたしQlairの曲でこの三曲が一番好きなんだけど
まさか連続で持って来られるとは1ミリも思っていなかった。
このセトリを考えた人にお歳暮を送りたい。


たびたび「Qlairの歌にこの振りは合わない」とか「ここはこんなに演技演技しなくても」と思うところはあるんですよ。
でも彼女達はあくまで『コピーユニット』じゃなくて『カバー』なんだよね。
第二のQlairribbonを見にきているんじゃないし、グループとして目指しているところもそこじゃない。
そう思うとわりとすんなりと心に入ってくる。
評論家みたいな目線で見ちゃうと絶対楽しくなくなる。
わたしはもう最近素直に楽しんでいるよ。
こうして好きになってみるまでは、ずっとQlairが好きすぎるあまりにいろいろアレだったんだけど
ほんとうに気持ち的に余裕が出てきた(笑)
むしろ今は同じ時代にこうして好きになれるアイドルが出来たことに感謝しているわ。

ここで告知のMCがあって残すところ二曲。
この辺りからすごいもにかちゃんが泣き出して、でも本人も誰もその件に触れないから
こっちもこっちで気が気じゃない。
「この後なにか発表するのか……?」とすごい不安になってずっとそわそわしていた。

スタンドマイクで歌う『ゆっくりと好き』
そもそもこの曲をカバーしようと選曲したのがすごいなーと思う。
そんな有名な歌でもないよね。すごい。
星里奈ちゃんはこういう雰囲気がとても似合う。
Qlairribbonは他のカバー曲に比べて大人っぽい曲が多いとのことだけど、
それでもこの少女と大人の間のなんともいえない時期を
まだ若い彼女たちが上手く表現しているなと思うよ。

最後は『Be My Diamond』
特に歌詞が心に滲みます。
姫月ちゃんが少し高いスタンドマイクで、それでも一生懸命歌っている姿が印象的でした。
最後の最後、もにかちゃんはすごい涙声で、美桜ちゃんまで泣き出してしまって。
アイドルはこんな状況・心境でもファンの前に立たなきゃいけない。
こうしてステージを魅せて素敵な時間をくれたことには感謝しかないです。もにかちゃん。ありがとう。


特典会では今回は2レーン握手とチェキを撮らせていただきました。
今回は比較的まともに喋った気がするよ!(当社比)わたしも成長した。
向こうからQlairの話を振ってくれる子もいて、前も書いたかもしれないけど
こんな若い子たちの中にQlairというアイドルがちゃんと認識されてることがすごいなーと思う。

チェキは一番すきになった、阿部かれんちゃんと撮った。
声優とチェキは撮ったことあったけど、アイドルと撮るのは初めてだ。
なんのポーズにするかって聞かれたけど、チェキ撮るのなんて五億年ぶりくらいでなにが主流なのかすらもわからず、
かれんちゃんのご指導のもとハコムスのポーズで撮ってもらった。
かれんちゃんはいつもいい匂いがする。
こんな挙動不審の気持ち悪いオタクにも優しくしてくれる女の子たちには感謝しかない。

そして特典会のあとの挨拶で、桃実ちゃんが通学中に佐々木りかこ(アンジュルム)を見かけたって
嬉しいそうに語っていたのがとても印象的だった。


公演後は乙女塾Qlair好きなフォロワーさんたちが結構いらしていたので
いろいろとお話できて楽しかったです。
少しだけ居酒屋で喋ってたんだけど、人から話を聞くたびに
Qlairって存在してたのか〜」って当然のことを再認識するわ。
わたしもQlairを見たい人生だった。来世ではQlairと同じ時代に生きたい。

そんな感じでribbon&Qlair公演の感想でした。
すごくいい公演だった。
ここ最近「すごいハコムスいいなー」って感じだったけど、いざこの公演を見て「やっぱだめ……」ってなるかもしれないなって思ってたけど
ほんと、純粋に楽しかったし素敵なステージだと思いました。
カバーしている先輩アイドルがどういうアイドルだったかっていうのを
ちゃんと知ろうとしてくれるのがとても嬉しいです。
ちゃんと「リスペクト」した公演だと思いました、
Qlairカバーしないでください!!」みたいな痛いオタクだった自分が
こんなプラスな感想持っていることがほんとうに驚きだけどほんと参加してよかった。
ハコムスを好きになって、視野が広まったような気がする。
あまり頻繁にイベントには行けないだろうけれど、またこそこそと行く。


まあその後、もにかちゃんに関しての発表が正式にあって。
復帰後、彼女がどうなるのかはわかりませんが、
もにかちゃんは握手会で「もにかだよー!」ってすごく明るくフレンドリーに話かけてくれたのがとても印象深かったです。
この前の握手のときも泣きはらした目で、それでもちゃんと対応してくれて。
笑顔をくれてありがとう、って気持ちです。

 

 

 ハコムスファンでQlair気になっている方!

アイドル・ミラクルバイブルシリーズ Qlair Archives

アイドル・ミラクルバイブルシリーズ Qlair Archives

 


Qlair Archives」は全曲+DVDに映像作品2作品が収録されてて
この一枚でQlairの作品がコンプ出来るよ!おすすめだよ!
ここでこれが五億枚くらい売れたら、「あれ、Qlair需要あるんじゃね?」って気付いた偉い人が
どこかの倉庫から昔の映像とか探し出してDVD化してくれる未来があるかもしれないから
気になった人はぜひどうぞ!!!!!!!!!!!!!!!


 

f:id:m_90a:20160918231344j:plain

かれんちゃんにもらったクッキーはまだ食べていない(勿体ない)